〜ひとり飲みをひとと飲みに変える
マナーと楽しみ方〜

お店の人や常連さん、様々な人たちと関われるのが
「ひとと飲み」の楽しいところ。
でも、だからこそ、守りたいマナーやルールを覚えておくと、
みんなで楽しい時間を過ごせます。

  1. 席に座る前に「ひとと飲み」カードを渡しましょう。
    最適な席に通してくれるはずです。

  2. 「どこでもどうぞ」と言われたら、ぜひカウンター席へ。店主と話しやすい、特等席です。

  3. 着席してすぐ、スマホや本とにらめっこしないのもポイント。声をかけづらくなっちゃいます。

  4. 店主と目を合わせてみるなど、話しかけてオーラを発するのもオススメです。

  5. 飲み物や食べ物に迷ったら、店主さんや店員さんに聞きましょう。オススメを教えてもらえるし、話のきっかけになります。

  6. オススメのキラーワードは、「最近、引っ越してきました」、「最近、ひとり飲みはじめました」。いろいろ教えてくれるはず。

  7. はじめてのお店では、むやみに隣の人に話しかけるのではなく、店主さんや店員さんを介して、自然な流れで。

  8. とはいえ、常連さんは「ひとと飲み」の味方!オススメの料理やお酒を聞いてみると盛り上がる!

  9. お酒の勢いを借りての入店やコミュニケーションもいいですが、酔っ払いすぎには気をつけて!

  10. お酒はあくまでも自分のペースで!!勧められても、無理する必要は絶対にありません。

  11. 店主に「一杯どうぞ」とお酒を出す人もいます。でも、はじめてのお店では必要ありません。

  12. お気に入りのお店で「店主に一杯!」と声をかけると、
    店主は笑顔になります。でも、これはルールではありません。

  13. はじめてのお店は、人が少なそうな時間が狙い目。お客さんが2〜3組くらいまでの時は、じっくり話せます。

  14. はしご酒したい時は、お店の人に次の店を教えてもらおう。どんなガイドブックよりも濃い情報をゲットできます!